重粒子線治療

先生がん治療の新しい方法として重粒子線治療というものがあります。こちらは放射線療法の一種となっています。炭素異音を眼病そうに向かって照射するという最先端の治療法となっています。

従来の方法ではガンマ線やX線が使われていました。しかし、これらは体の表面近くで放射線量が最大となってしまい、体の深いところにあるがんにはしっかりとダメージを与えられないという欠点がありました。また、正常な細胞にもダメージを与えてしまうというデメリットがありました。

一方、重粒子線の場合は体の表面においては放射線量は弱くなります。そして、がんの病巣において量がピークになるような特性があるのです。これによって、がんの病巣を狙い撃ちにすることができるのです。正常な細胞へのダメージを抑えることができる画期的な方法となっています。

特に重粒子線というのは線量集中性が優れているという特徴があり、がん細胞を殺傷する効果も高いとされています。そのため、治療回数を少なくして、治療期間を短くすることができるでしょう。

このように画期的な方法が生まれているのです。新しいがん治療の選択肢としてこれから重粒子線治療が注目されるようになるでしょう。従来の方法よりもデメリットが少ないのです。


NK細胞療法について

NK細胞療法は免疫によってがん治療をするという方法です。人間の身体に本来存在している免疫系の力を借ります。免疫力を増強することによってがんに立ち向かおうとする治療方法のことを免疫治療といいます。その1つとしてNK細胞療法があるのです。

細胞ダメージ人間の身体にはナチュラルキラー細胞というものがあります。こちらはがんを殺すことができるとされています。こちらの細胞であればがん細胞のみを選択的に殺すことが可能です。正常細胞とがん細胞の区別をつけることができるのです。この性質はがん治療においてとても都合の良いものとなるでしょう。

流れとしては自分の体の中からナチュラルキラー細胞を採取します。それを体外で培養して増強してから体の中に戻すのです。これによって免疫力を増強することができます。使われるのは自分の免疫細胞のみです。そのため、副作用は比較的少なくなっています。また、効率よくどんどん体の中で細胞は増えてくれます。このような点から従来の治療法と比較しても効果がとても高いと期待されているのです。

実際に免疫治療は盛んに行われるようになっており、これからもNK細胞療法は幅広く行われる方法となるでしょう。新しいタイプのがん治療として認知されつつあります。


がんの治療の最先端

体調悪い日本人の死因としてトップにあげられるのががんです。がんは昔から怖い病気として知られており、医学が発達した現代においてもそれは変わりません。基本的には高齢者がなってしまう可能性が高いのですが、若い方ががんになるケースも少なくありません。がんは身体のさまざまな部位において発症してしまう可能性があります。がんは早期発見すれば完治することが可能とされているのですが、部位によっては治療が大変なこともあります。ある程度進行してしまっている場合にはなかなか完治することができなくて、別の部位にまで転移してしまう可能性もあるのです。

そんながんの治療は現在とても進んでいます。さまざまな治療法が考案されているのです。それを用いることによって、副作用の心配をすることなく治療することもできるかもしれないのです。がん治療はかなり進んでいるのです。最先端療法はかなりの効果を期待することができるため、とても注目されています。

こちらではがんの最先端療法について紹介しましょう。たとえばNK細胞療法という方法が存在しています。こちらはナチュラルキラー細胞を用いたがん治療の方法となっています。副作用の少ない方法として注目されているのです。他にもいろいろな治療法が登場しています。それらについて、どのような仕組みで効果を期待できるのか、どんなメリットやデメリットがあるのかを教えましょう。がんについて関心を持っている方はたくさんいるでしょう。参考にしてください。